暇つぶし

休日を持て余してやる事が無くなった時に、仕方なく時間を潰す為に書くブログです。

「ボヘミアン・ラプソディ」と「アリー/スター誕生」

ボヘミアン・ラプソディ

・アリー/スター誕生

ここ最近観に行った2つのタイトルです。


ボヘミアン・ラプソディ

Queen結成からライブエイドまでを2時間半で描いた作品でした。

時系列がおかしかったり、ちゃうがな!とツッコミ入れたくなる部分は多々ありましたが、しっかり感動もあり、2時間半程の間に4回程泣きました。

そして、映画が終わった後〜夜寝るまで

「ええ映画やったなぁ〜、ディスクでたら買おう」

と唱えていました。

(ライブエイドでの実際のコンサート映像を、その後数え切れない程youtubeで観たのは言うまでもなく)


・アリー/スター誕生

レディー・ガガが歌手としてデビューする前から追悼式までの作品。

元々レディーガガにそんなに興味が無かった為、この作品の流れが事実なのかは不明。

この作品はガガさん本人が出ていてストーリーの中で色々な曲を歌い上げる、というなかなか豪華な場面が多々あるところが見どころでしょうか。

個人的にこの作品で一番凄いと思ったのは、

「どの視点でストーリーを観るかによって、全く違う捉え方ができる」

という所です。

アリーの視点で映画を観ると泣いてしまう事が多々あります。

他の視点で観ると泣くことはない、むしろイライラすることさえあるという不思議な作品ですね。


1回ずつ観に行った感想として、

ボヘミアン・ラプソディ

⇨ディスク欲しい!


・アリー/スター誕生

⇨ディスク要らない。

だったんですよ。


ただ最近、両作品をもう一回観る羽目になりましてね…

で、もう一回観たんですよ。

すると不思議なもんで、少し立場が逆転したんですよ。

ボヘミアン・ラプソディ

⇨ディスク要らない


・アリー/スター誕生

⇨ディスク欲しいかも?


何故こう変わったのか?


ボヘミアン・ラプソディ

この作品、上手くマネしていますが、結局本人じゃないんですよね。

そして、2回目を観るまでに実際のライブエイドの映像を物凄い回数観たわけですよ。

するとどうでしょう、フレディがとても似てなく思ってしまって。

・フレディはもっと迫力があるぞ!

・フレディはもっとキリ!っした顔立ちだ!

・フレディはもっとガタイも良く筋肉質だ!

・上2つのせいか映画のフレディよ。

    タンクトップがあまり似合ってなく思うぞ!

こんな事ばかり思ってしまった訳ですよ。

となると、やっぱりねぇ…

後らこの映画版ライブエイド、実際のライブエイドより何曲かカットされている訳ですよ。

その理由も2回目の映画で分かりました。


・アリー/スター誕生

結局本人出てるんですよ。

ってことは、半端なく迫力がある訳です。

しかも、これほどまで視点によって感じることが違う。

今まで観てきた映画でこんな事ってあまり無かったなぁ、欲しいかも?

と言うのが欲しくなった?理由です。

ただねぇ、欲しい!とは思わないんですよ。

何故なら疲れるから。

「よし!観るか!!」

位のテンションじゃないと、休憩が欲しくなる。

だから、少し評価が落ちちゃうんですよね。


うだうだ色々書きましたが、どちらも良い作品でした。

(両方2回共泣きましたしね)

もしかしたら前にも同じ内容書いたかも?

どうして、日本人というのは酷評にフォーカスを当ててしまうのでしょう。

 

一つ記事を書けば、一つ動画を上げれば、そりゃ良かったという人もブーイングをいう人もいます。

全員が全員良かったということなんてまずないと思います。

にもかかわらずブーイングのほうにフォーカスをあてて、どのようにすれば酷評がなくなるかを考えてしまうみたいです。

 

でも、それは本来その人が持っていた持ち味を失うことになりかねない。

持ち味がなくなるくらいなら良い意見だけ読んで、あとは無視したらいいのでは?

と思ってしまいます。

(私ならそうします)

 

というか、SNSやらをしている人たちというのは暇なんですかね。

そういう評価ばかり気にする時間があるということは、暇なのでは?と思ってしまいます。

ただ・・・もし、その評価がお金に繋がるのであれば、気になるのも仕方のないことなのかもしれません。

 

なんだか、生きにくい世の中ですよね。

面白くもありますが、いやはや何とも、ね(笑)

どこからがセクハラ?

ゴールデンウィークがあったので、最近ワイドショーは観ていなかったのですが、久しぶりにニュースを観たら、麻生さんがまた何やら言ったそうで。

『セクハラ罪という罪はない』

でしたか?

ワイドショーは嬉しいでしょうね。

これでまたニュースのネタができた、と。

そういう意味では、麻生さんはとてもTV業界に貢献している方と言えると思います。

 

ただ・・・ね。

今回の一連の報道観ていて思ったのですが、やはり麻生さんってバカですね。

バカ、という表現は良くないですね。

愚か、なのだと思います。

言葉遊び位のつもりで、セクハラ罪云々の発言をしたり、渡された紙の文字が小さいと文句を言ったり…

政治家って何なんでしょうね。

軽率というかなんというか。

 

今回の件で何となく分かったのは、女性問題というのはまだまだこの先も無くならない、ということでしょうか。

メディアは挙って取り上げるでしょうけれども。

どこの業界にも、一定数は居てるんだと思います。

女性に対してセクハラ発言をする人間が。

その人達に対して、

『セクハラ発言するなよ』

と注意したところで聞かないでしょうね。

本人に自覚がないから。

そして、新聞やTVに取り上げられる。

この繰り返しだと思います。

 

まぁ、とは言っても、最近『セクハラ』というモノの定義自体がイマイチ分からん様になってきているんで、なかなか前に進まないのは仕方ないのかもしれません。

役所からの速達状

昨日の夜、郵便受けに速達状が入っている事に気が付きました。

以前から、郵便受けに何やら手紙が入っている事には気付いていたのですが、それがどこから送られてきたものなのか?差出人は誰なのか?を一切確認していませんでした。

 

速達状を確認してみると、役所からでした。

内容を確認してみると

『何回か自宅にモノを送ろうとしたが、不在だったので郵便局にモノがある。

期日は2018/5/8までで、それまでに受け取らなかった場合は役所にモノが返品される事になるので、後日役所まで来てもらう事になります。』

といった内容だったので、今日取りに行きました。

仕事終わり大雨の中を・・・

 

ゴールデンウィーク明け一発目、仕事終わりの大雨の中って時点でも嫌だったんですけれども、実は自宅から郵便局まで結構距離があって遠いんですよ。

しかも、自宅の最寄り駅から郵便局に行ったのでは、窓口の対応時間に間に合わない。

仕方ないから郵便局の最寄りの駅に行き、そこから徒歩で郵便局に向かう事にしました。

役所にわざわざ取りに行くのは面倒なのでね。

 

郵便局について、窓口で名前と証明書(運転免許証)を提示したところ、郵便局の人が奥の方から何やら大きな包みを取ってきました。

『役所から手紙が届いたから来てみたが、一体役所は何を送ってきたんだ?

大きすぎるだろう、嫌な予感がする。』

そう思いながら大きな包みを受け取って、その場で中身を確認する事にしました。

(何せ、包みが大きすぎて持ち帰るのが困難だったのだ(-_-;))

 

・・・カレンダーが入っていました。

大きな大きなカレンダーが。

包みの中に。

仕事終わり、わざわざ定期券外の郵便局の最寄り駅に行って実費で改札を出て。

大雨の中、濡れながら苦労して郵便局に辿り着いて。

ようやく手に入れた包みの中身はカレンダーかい!!

 

疲れました。

わざわざ速達状を出すなと。

出すにしても何を送ったのかモノの名称まで書いとけ。

カレンダーなら役所に戻っても何一つ私は困らんのだ。

これだから役所は!

そう思いながら、窓口で対応してくれたお兄さんに笑顔で

『ごみ箱に捨てておいてください』

と言って渡しました。

 

その後、大雨の中イライラしながら帰ったのは言うまでもありません。

Amazonでの注文

 

Amazonで最近よく物を買うのですが、小さい物ってどうして郵便受けに入れるんでしょうね。

本人に渡して印鑑証明をもらって終了だと私は思っているのですが。

 

この前、Amazonで本を注文しました。

注文してから2日後に届く、という事だったので待っていたのですが一向に届きませんでした。

なので、Amazonのサポートセンターに

『注文した本が届かないのですが、どうなっているのでしょうか?』

と連絡をしました。

その結果、配送業者が配達を間違えた可能性がある、という事で代金を返金して貰うことになりました。

 

『やれやれ、また本を注文しなおさなければ』

と、思い注文しなおそうとした時に、何故かフッと気になって郵便受けを確認しに行きました。

すると、大きめの封筒が郵便受けに入っておりました。

『まさか!?』

と思い、中身を確認してみると注文していた本が入っておりました。

 

わざとではないにしろ、タダで本を手に入れた事になってしまい気が引けたのですが、そもそも何故に郵便受けに入れたのか・・・

 

私はアパートに住んでいるのですが、郵便受けに入れた場合、誰でも盗ろうと思えば盗れちゃうんですよね。

なので、郵便受けに入れる、というシステムはやめた方が良い様に思います。

分かった上で配送会社は郵便受けに入れているのでしょうか。

日本の会社ってきっちりしている様で抜けていたりするので、セキュリティ面で心配になる事が多いです。

会社の対応

ずっと前に、自分の年収について書きました。

どういう事を書いたのかは忘れましたが、物凄く低い年収だという事は書いた様な気がするのですが、その後それを理由に退職する事を決めました。

 

決めたら行動に起こす必要があるので、取り合えず上司に辞める意思を伝えました。

それが、2017/12/8位だったと思います。

その時上司から、

『すぐには辞められないと思う。早くても半年後。一応会社に報告する』

と言われました。

私の方もすぐに辞めるつもりはなく、9月末位までなら残っても問題ない、という事を伝えました。

 

その時上司が言った

『一応会社に報告する』

という言葉を信じて待ち続けているのですが、未だ会社から一切返答がありません。

既に半年が経ちました。

一度だけ上司に、本当に会社に報告したかどうかを確認したのですが、その時の回答は

『報告はしたが、辞めるのはまだ先の話になるから保留する、との回答がきた』

ということだったのですが、流石に半年間何の音沙汰もない、というのは・・・

 

私は、12月の時に辞める意思を伝えた時に提示した『9月末』が過ぎたら本当に退職します。

会社が動かなかった場合は蒸発することになるのですが、その点分かっているんでしょうか・・・

会社の動きを見て分かる事と言えば

 

1.『辞める』と言っても、まだ先だから保留にしよう

2.その間に代わりの人間を探そう

3.代わりの人間が見つからなかったら、退職を認めない様にしよう

 

まぁ、私は取るに足らない人間なんでしょうね。

もしかしたら、上司が会社に報告せずに揉み消しているのかもしれませんけれども。

どちらにしてもその時が来たら辞めるつもりなので、どうでもいいんですけれどもね。

 

この先、会社から話があった時には、

『辞めてもらっては困る、出来る事なら残ってほしい』

という事を言われるんでしょうけれども。。。

 

『何故、私が意志を伝えた時に動かなかったんだ?

本当に困る人材であれば、少なくともメールの一本位は送ってきそうなもんだがそれすらなかった。

それを今更辞めてもらっては困る?

それは、私が報告してから今までの間に私の代わりの人を見つける事ができなかったからじゃないか?・・・etc』

というのを、役人を前に言ってしまいそうで怖いです。

どうして実写化したんだぃ?

大阪市内の駅内を歩いていると、柱に映画の広告が貼ってありました。

そこには

鋼の錬金術師実写化』

の文字が。

 

私、鋼の錬金術師好きなんです。

アニメは観た事無いけれども、漫画は幾度となく読み返しました。

そして、その好きな漫画が実写化されるというのは、なんだか悲しい限りです。

本当であれば喜ぶべきなのかもしれませんが、私は漫画やアニメを実写化するの自体にあまり良い印象はないので。

 

エドワード君が実写化するんですよ。

金髪で低身長で可愛らしいエドワード君が。

本当であれば喜びたいんですけれども、実写化されたそれを見てみると・・・

アジア系の顔であるわ、低身長ではないわ、ってかメイクのせいか役者のせいかは知らないけれども、ブスだわ・・・

無理がありすぎるでしょ(# ゚Д゚)

もうね、残念で仕方ありません。

まぁ、顔立ちは仕方ないのかもしれませんが、身長に関してはどうにかできたでしょう?と思う訳ですよ。

そして、役者に対しても思う訳ですよ。

『オファーされた段階で断れよ』

と。

 

アルフォンス君はまともでした。

そりゃ、役者使ってって訳にはいかないからああいう形になるんだろうけれども。

そういう形が一番マシです。

 

大体2次元のものを無理やり3次元に持ってこようとするからこういう事になるんです。

漫画が人気だったのかもしれません。

アニメも高視聴率を取っていたのかもしれません。

でも、それを実写化するのは反対です。

絶対に無理が出てくるのですから。

でも、実写化するんですよねぇ(-_-;)

 

出演者をボーっと眺めていたら、大泉洋さんがいました。

『この人はこのキャラクターを演じてるんだろうな、この人は多分このキャラクターに違いない、ん???大泉洋がいるぞ?』

ええ、完全に大泉洋さんでした。

鋼の錬金術師の世界の中に大泉洋がいたのです。

何が言いたいのかと申しますと、キャラが分からないんです。

『キャラ』じゃなくて『大泉洋』なんです。

色々なバラエティに出演されていて、そこで異質で目立っている人というのは映画の世界の中には溶け込めない様に感じます。

というと、語弊がありますね。

何というか原作がアニメで、それを実写化した様な作品には合わない様に感じるんですよね。(キャラが立ちすぎている為)

 

私は実写化された『鋼の錬金術師』は観に行ってないですし、これから先も観に行ったりはしないですし、借りてまで観たいとも全く思わないです。

しかし、もし『鋼の錬金術師の世界に迷い込んだ大泉洋

という内容で映画が作られていたのであれば観に行ったかもしれません。

少なくとも、DVDを借りに行くでしょうね。

 

最終的に何が言いたいのか分からなくなってしまいましたが、まぁそんな感じです。

要するに実写化は反対。以上。