暇つぶし

休日を持て余してやる事が無くなった時に、仕方なく時間を潰す為に書くブログです。

本質

Yahooニュースを見る度に目について嫌なので時系列で纏める。

 

1.詐欺集団の主犯格の人が開催した忘年会に入江さんが呼ばれた。
2.それに辺り、入江さんがそのパーティーに芸人さんを複数人呼び参加させた。
3.4~5年後(現在)、その情報が雑誌に渡り、雑誌及びワイドショーでこのネタがとりあげられた。
4.参加した芸人さん達は「ギャラを受け取ってない」と言った。
5.上記に伴い、入江さんを解雇。その他の芸人さんを厳重注意とした。
6.その後、金銭を受け取っていたことが発覚。
7.それに伴い、芸人さん達を謹慎処分とした。

こんな感じですか。

 

1.に対して。
入江さんは、
『相手の素性を知りませんでした。』
とのことを発表した。
しかしネット上には
『相手の素性は知っていたはずだ。何故ならこれまでにも何回も云々』
とのことが書かれてあった。
どちらが本当か、等というのは今回どうでもいいと思われる。


2.に対して。
相手の素性を知らないのであれば、呼んだことも何となく頷ける。
そして今回の問題の本質から言うと、これまたどうでもいい情報。

 

3.に対して。
これがある意味今回の肝なのでは?と思う。
この情報を手に入れるにあたり、お金が発生している可能性が高い。
そして、この情報を持っているのは少なくともその筋の人間であることは間違いないと思われるため、
そういうことを考えると、雑誌記者はその筋の人間から情報を買ったことになる。
もしかしてそういう人達と雑誌記者って繋がっているの?
そう思われても仕方ない。
何故、ワイドショーではこの辺りを避けるのか?
私は、そこに非常に興味があります。

 

4.~7.に対して。
4~5年前の出来事を覚えてる人間というのは世間にどれ位居てるのでしょうか?
少なくとも、私は4~5年前の出来事なんて覚えていない。
そして、これだけ世間で
「詐欺集団の忘年会に参加してたぞー!動画も上がっているぞー!!」
と散々騒がれた後で、
「金銭受け取っていたのですか?」
なんてマイク向けて聞かれりゃ、そりゃ誰だって
「受け取ってないです。(と思います)」
と言いたくなるわなぁ。
と私は思うわけです。
ネットやワイドショーで散々叩いていますけどね。

 

そして思うわけです。
このネタって、こんなに長々と取り上げなければいけない情報なのか?と。
日本って本当に平和なんだなぁ、と。

 

ワイドショーは良いでしょうね。
当分このネタを引っ張れるでしょうから。
人気Youtuberも良いでしょうね。
動画の投稿ネタやパロディに応用が利くでしょうし、
適当に今回のネタに関してコメントしておけば再生数を稼げるでしょう。

 

にしても、日本人というのは本当に対岸の火事が好きですね。
こういうことがあると寄ってたかって叩きまくる。
しかも、物事の本質をうやむやにして、上手に矛先をズラしていく手法。
私は、こういうちょっとした火種を山火事に変えてしまうメディアに恐怖を覚えます。

 

とまぁ、今回をもってこのネタを読むのも見るのも止めにします。
時間の無駄です。
もっと有意義なことに時間を使わないと。
以上。

入社してもうすぐ2ヵ月です。

もうすぐ2回目の給料日なので、もうしばらくすると入社して2ヵ月になります。

 

今やっている仕事は電気系統のお仕事ですが、

よくよく考えてみると1つ思うことがあるわけで。

 

学生時代、理解系の授業の中で一番苦手だったのが電気でした。

磁場やら電気やらというのは目に見えない事柄なので、

どうしてもイメージが掴みにくく必死こいて教科書に噛り付きながら勉強したもんです。

最終的には、全く分からなくなり一度放棄した分野。

 

にも拘らず、就いている仕事が電気系統なんですものね。

人生というのは分からないもんです。

しかも、それが発電所絡みだったりするもんですから、毎日毎日大変です。

 

今の知識量では、全くもって仕事上で太刀打ちすることができない、ということを入社して1週間痛感したので、上司に本屋についてきてもらって専門書を購入しました。

そして仕事中は仕事内で分からないことを質問。

プライベートでは電気に関する基礎知識(基盤)を固めるためにお勉強。

 

いつぞやか母親に言われたことを思い出します。

私のことを占い師に視てもらった時に

「この子は勉強軸が人と逆さになっています。

どういうことかというと申しますと、普通は学生時代に勉強をし大人になるにつれ勉強量が減っていく訳なんですけれども。

この子は学生時代はあまり勉強をせず、大人になってから沢山勉強されるみたいです。変わってますねぇ。」

と言われたそうです。

この占い師さんがどこの誰なのか私は知りませんが、現状を見てみるとよく当たっているとつくづく思いますねぇ。。。

面接(2社目の結果について)

2社目の結果が先月GW始まる前に来ました。

 

結果は、採用でした。

また、会社から私への印象についても

『とても真面目な印象。是非とも、うちに来てほしい』

とのことでした。

元々、働いてみたいと思っていた業界だったので、快く受け入れさせてもらいました。

 

1社目も2社目もそうですが、今までと畑の違う業種への転職なので全くの未経験からのスタートになります。

その上で相手に採用してもらおうと思うと、やはり

・真面目

・受け答えをはっきりする。

・好奇心があるかどうか。

この辺りを気にしながら採用・不採用を決められるそうです。

 

私も2社目に関しては、そこら辺に重点を置きながら面接で受け答えをしていたため、採用という結果を手に入れることができました。

嬉しい限りですが、全くの未経験・無知識なので少し不安は残りますが、まぁ・・・

なんとかなるでしょう。

 

以上、報告でした。

面接(2社目を受けて)

やはり1社目落ちてました。

 

落ちた理由としては

『受け答えが噛み合ってなかったため、顧客先との対応に不安がある』

のだそうです。

そういう回答をしてきそうな気はしていたので、何も気にしていませんが、まぁそうでしょうね。

 

1社目で緊張しないことは分かったので、今回の目標としては

・相手に分かりやすく伝える

だけですね。

まぁ、前回はわざと分かりづらい様な回答の仕方をしたので、今回はその点を改善すれば良いだけです。

後、逆質問に備えていくつかまともな回答を用意しました。

(1社目もまともな質問はしたのですが、相手に『私は真面目です』という印象を与えるために、1社目の時よりも少し掘り下げた質問を用意)

 

という訳で、上記を踏まえた上で2社目を受けに行きました。

面接官は3人でした。

1人は会長さん?

あとの二人は重役さんだったそうですが、面接を受ける立場の人間からは分からないのでその点は気にしないことにしました。

 

質問に対しては言葉・間・イントネーションを気にしながら笑顔で回答。

そして、面接の中で相手がしてくれる説明に関してはしっかり記憶しておく。

(これをしておかないと、後で突っ込みを受けた時に切り返しができない可能性がある)

そして、逆質問。

予め用意しておいた逆質問集の中から、面接の中で相手がしてくれた説明から回答が予測できそうなものに関しては、

『先程~と仰っておりましたが~』

と、確認と掘り下げての質問。

回答が予測できないものに関しては、そのまま質問。

で、終了。

 

手応えとして、今回の会社に関しては受かりそうな気がします。

何故なら手応えを感じたから。

 

個人的には是非ともやってみたい仕事だったので、受かっていますように(-_-;)

面接(1社目を受けて)

面接受けてきました。

1社目ですね。

 

今回受けたのはメンテナンス職。

具体的には、企業さんに売られた町工場で作られたモノ達がちゃんと動いているかどうかを点検するためのメンテナンス職です。

そのモノ達についての説明をしてしまうと、会社が特定できてしまうので、モノ達については伏せさせて頂きます。

(それだけ特殊なモノ達を取り扱っている訳ですね)

 

今回の面接は小手調べ。

久々の面接でしたので、

・面接において、自分が緊張しないか?

その一点の確認のためだけに面接を受けに行きました。

 

まずは軽い企業説明。

その会社では何を作っているのか?

それに関して20分程度の説明を受けました。

その後、軽い入社に向けての筆記テスト。

最後に面接、という流れでした。

 

軽い企業説明に関しては、ホームページに書かれていることをプロジェクターに映し出しながら説明されました。

こちらとしては、

『ホームページに記載されている内容をわざわざもう一度口頭で説明せんでも』

とは思いましたが、顔に出てはいけないので、メモ帳を取り出して説明されている内容に対してメモを取っているフリをしながら、説明して下さった方のお顔の似顔絵を描いておりました。

(メモを取るフリをしておけば、顔が見られることもあるまい、と思い。

私、全部表情に出ちゃうんでそれへの対策ですね)

 

次に筆記テスト。

先に受けた企業説明やら仕事内容とは全く関係ないであろう内容。

何のために、こんな訳の分からんテストを?

と思いながら筆記テストに関しては70%程度終わらせたところで時間切れ。

 

最後に面接ですね。

面接官3人に囲まれながらの面接です。

 

結果としては緊張しませんでした。

これが知れただけで大満足ですが、多分面接には受からないでしょう。

何故なら、私がそういう風に持って行ったから。

 

面接官とのやり取りの中で、相手の目の奥が暗かったんですよ。

会社に対して不満を抱いているかのような暗さ。

それが1人の面接官だけであればまだ良かったのですが、3人が3人とも目の奥が暗かったので、こりゃ駄目だと思い・・・

わざと受け答えに3段論法を用いりました。

すると、話が噛み合わない。

質問に対して的外れな回答はしていなかった筈なので、単に相手がついていけていない。

気づいてはいましたが、私はそんなことお構いなしに回答する。

相手は理解できないから困る。

そんな流れでした。

なので、面接は落ちます。

多分、

『受け答えにおいて、話が噛み合わない』

との企業さんから言われて落ちるでしょう。

ただ、それでも良いのです。

何故なら、今回は確認作業のために行ったのですから。

誠に自分勝手ではありますけどね。

わざわざ時間を作って下さった企業さん、ごめんなさい。

踏み台にさせて頂きます、以上。

転職活動での面接に向けて

転職活動を始めて驚いたのですが、未だに面接なんてやってるんですね。

 

会社は面接を何のためにするんでしょうか。

・面接を受けに来た人と会社が合うかを判断するため?

・周りの人と上手くやっていくかを判断するため?

・数か月で辞めてしまうかを判断するため?

・仕事をしっかりこなしてくれるかを判断するため?

 

私にはイマイチ面接をする意味が分からないんですよ。

何故ならば、面接時間なんてたかが30分~1時間程度。

その間で何が分かるのでしょうか?

少なくとも上の4点はほぼ全て面接で把握することは不可能かと思われます。

 

 

ただ、そういう疑問を並べていても、面接対策にはならないので、受かるためにはどうしたらいいかを考えようと思います。

抑えといたほうが良い点は2つ。

・私がもし面接官だったらどういう人を採用したいか?

・採用されるためには何をアピールすればいいのか?

この2つにフォーカスを当てて考えていきたいと思います。

 

・私がもし面接官だったらどういう人を採用したいか?

考察)

そりゃ仕事ができて、周りと上手くやってくれて、会社の売り上げを伸ばしてくれて、数か月で辞めない人が欲しい。

ただ、それを面接で表現するのは不可能。

人によってはできるのかもしれませんが、私のボキャブラリーとプレゼン能力では少なくとも不可能なので、的を絞る。

で、考えたこちら側ができる対策としては

1.身なりを清潔に整える。

⇒スーツから靴からを新しいものに新調する。

 髪と眉を整える。

 顔の産毛を剃る。

 この3つをするだけで、相手に清潔感を与えることは可能。

 

2.言葉遣いに気を付ける。

⇒しっかり喋る。

 これを気にかけるだけで、随分印象が変わるが+αでもう1つ。

 面接中に距離が少し縮んだら、それを見計らって少し使う言葉を砕く。

 これだけで、印象が少しマイルドになるだろうから、そこにも気を配る。

 

3.緊張しない

⇒これが一番ネック。

 どう足掻いても緊張するときはするので、

 肩の力を抜いて頑張るしかあるまいね。。。

 

この3点を気を付けておけば、『まじめ』という印象を相手に与えることは可能。

面接に受かる可能性を上げることができる、はず。

 

 

・採用されるためには何をアピールすればいいのか?

考察)

転職にあたって、全く畑の違う仕事をすることになるので、私がアピールできる点は何だろうか?

・前職で何をやっててどうだったのか?

・今回の転職で何を手に入れたいのか?

この2点くらいか?

イマイチ、どうしたらいいのか分からないから、とりあえず面接を受けてみて自分のアピールポイントを拾っていこうと思います。

 

 

さてさて、ここまでは考えましたが、兎にも角にも面接を受けてみないことには分からないことが多すぎるので、取り合えず受けてみようと思います。

その中で色々修正できたらなぁ。

最後に、1つだけ気をつけておかねばならぬことを。

「面接のときに揚げ足を取られることだけは無いように、その点だけは注意しながら話を進めていく」

これだけ、念頭に置いて面接を受けてみようと思います。

退職

『会社を辞めたいです』

と退職願を出してから早・・・1年と9ヵ月。

3月末で漸く会社を辞めることができました。

お陰様で現在無職です。

 

いや~、長かったですね。

まぁ、お陰様で会社事情を色々知れたり、職場の方々と仲良くなれたり、楽しかったんですけれどもね。

ただ、やはり今年30歳の現在29歳なんでね。

とっとと辞めたかったのが正直なところです。

 

この先転職活動なわけですが・・・

 実機の中に入っているソフトウェアの検証業務なんて仕事、ある意味全くつぶしが効かないので、転職活動に苦労しそうです。

ただ、まぁつぶしが効かないと言っても、

・やる気はある

・向上心もある

・負けん気もある

・真面目・・・?

という長所を前面に押し出しつつ就職活動をするつもりなので、早くに決まるでしょう。

と、勝手に思い込んでいますが、どうなることやら。