主観的なブログ

日々感じた事、思った事を綴っていきます。

汚い部屋バンザイ(/・ω・)/

私はよく分からない訳ですよ。

部屋を綺麗にするのが正しいみたいな考え方が。

 

私は、部屋は汚れている方が落ち着きます。

職場の机の上も汚いです。

わざとです。

 

綺麗好きの人達は言います。

『部屋が汚かったり、デスクの上が汚かったりっていうのは、その人の人間性が出ている』

と、あたかも全てを知り尽くしているかの様な顔をして言ってきます。

彼らは言います。

『部屋が汚かったり、デスクが汚かったりしたら、モノがどこに置いているか分からなくなるから、仕事の時間効率が落ちたり変にモノを探す時間が掛かったりするんだよね』

と、あたかも私達は正しい。汚い、散らかしている人達は悪である、位の口調で言ってきます。

 

汚れている方が落ち着く人間である私から言わせてみると、

>『部屋が汚かったり、デスクの上が汚れていたりっていうのは、その人の人間性が出>ている』

ってのは言いすぎだと思います。

汚れているのを見るだけで人間性が分かれば、人付き合いで苦労する事なんてない。

ええ、まぁ、私は汚い部屋落ち着く人間だからそう思うだけなのかもしれませんけれどもね。

綺麗好き人間達は、綺麗な部屋でクリーンな精神を持った人達と、クリーンなお付き合いができるのでしょう。

あ、皮肉っぽくなってしまいましたが次!

>『部屋が汚かったり、デスクが汚かったりしたら、モノがどこに置いているか分から>なくなるから、仕事の時間効率が落ちたり変にモノを探す時間が掛かったりするんだ>よね』

これね、汚い部屋の人間である私の場合(毎回この表現するのが面倒になってきた)

モノがどこにあるか、というのは全て把握しています。

汚い中にも特定のものを特定の場所に置く習慣というのはあるのです。

だから、特になくすというのはありません。

 

上記を踏まえて。

最近部屋を掃除しました。

いえ、違いますね。

部屋を掃除させられました。

私からしたら潔癖とも思える様な人と一緒に。

部屋にあるモノを分類して、それぞれ箱に分けてクローゼットやら机の下といったスペースにモノを片づけていく。

なかなか楽しかったから良かったんですけれどもね。

普段ならどこに何があるか把握しているから、特に何か探したりっていうのは無いんですけれども、びっちり片づけたり片づけられたりしてしまったお陰で、どこに何があるのか分からない。

私は、家の鍵を探すのに30分掛かりました。

携帯用のイアホンを探したけれども見つからず、泣く泣く会社へ向かいました。

あぁ、こんな事なら片づけない方がよかった、とすら思いました。

でも、家に帰ってきた時に部屋が片付いていると何だかそれはそれで落ち着きます。

でも、何でしょうねこの感覚は。

何もない空間に一人ポツンと立っているような感覚。

 

話がだんだん訳の分からない方向に行ってしまいましたが…

取り合えず、私が思う事というのは、部屋が綺麗であろうが汚れていようがどちらでもいいのではないでしょうか?という事です。

できている人間はできていない人間を責める。

これは、世の常なのかもしれませんが、こんな文化は無くなってほしいもんですね。