主観的なブログ

日々感じた事、思った事を綴っていきます。

覚せい剤

日本では覚せい剤というものを打つと捕まるらしいです。

 

覚せい剤を打つと気分が高揚し、数日間寝なくても大丈夫みたいなのですが、その代わりマイナスの作用として

 ・幻覚が見える

 ・幻聴が聞こえる

 ・被害妄想が激しくなる

 ・瞳孔が開いて冷や汗をかく

等々色々な副作用があるみたいです。

 

怖いのは幻覚と被害妄想でしょうね。

『誰かに見られている(監視されているように感じる)』

『マッチ棒が起きて自己紹介をしだす』

『道路で不思議な動物が走っている』

等の症状に陥るみたいです。

 

しかし、これって薬の効果が切れた時に押し寄せてくるので、

個人的には、ひたすら薬を打ち続けていれば大丈夫なのではないか?と思う訳です。

 

最近よくニュース等で

『芸能人の〇〇さんが覚せい剤所持の疑いで逮捕』

というのをよく見かけますが、

戦時中~戦後数年の間は合法ドラッグだったんですよね。

 

時代が変われば、ここまでバッシングされるのか…

と思うと、なんだかやるせない気持ちになります。